物体の運動が垂直方向に対して地表の分量の風。

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nara.areablog.jp/goods520blog

www.24hi.net新しいApple WatchまたはマイクロLED技術を使用する

www.24hi.net新しいApple WatchまたはマイクロLED技術を使用する
6月29日に、外国メディアからの最新ニュースによると、Appleは最近、LED技術に関する新しい特許を申請した。これは、将来の製品(おそらくApple時計)にマイクロを使用する意向である可能性がある。 LED技術。

Appleの有名な外国の情報メディアアップルインサイダーは、Appleが最初に2015年11月に提出された、と同程度の他の特許は、同年4月に提出された、「安定化ポストを持つマイクロデバイス」と呼ばれる特許を申請したことを報告します。特許の説明では、Appleは安定した発光ダイオードとマイクロチップをキャリア上に配備する方法を詳細に説明しています。

この特許出願には、LuxVueという会社も具体的に言及されていることに言及する価値がある。 LuxVueはマイクロLED技術に焦点を当てたスタートアップ企業で、2014年にアップルが買収した。当時、LuxVueが習得した技術から、Appleの後で開発されたディスプレイは低消費電力で高輝度であり、Apple独自のディスプレイを初めて製作する可能性があるという分析がありました。それが今、独自のチップ製造事業を持っているとして、これは契約はそれが重要でないように見えるかもしれないようであることを意味すると同時に、買収LuxVueは、Appleが技術的優位を取り戻すことができます。

さらに、この特許出願の発明者の1人であるアンドレアス・ビブル(Andreas Bibl)は同社のCEOであり、彼の名前は別のアップルLED特許出願に登場した。

これらの二つの特許出願は、Appleが早けれNianxia 2017のように、アップルウォッチの次のバージョンのためのマイクロLEDディスプレイ、および製品のこのバージョンを構築する予定であることを、ある程度の噂の真偽を確認していることを指摘しておかなければ半年がやってきました。

もちろん、この具体的な打ち上げの時期はおそらくこの段階であまり参考にはなりません。マイクロLEDパネルは、消費者向け製品にはまだ登場していないため、マイクロLEDパネルの大規模製造は非常に困難です。同時に、製造コストも別の問題です。現在の状況から、Apple Watchの第1世代で使用されるOLEDディスプレイでさえ、従来のLCD画面よりもはるかに高価であるため、Appleは来年までにAppleがOLEDディスプレイ画面をiPhoneで使用しないことが予想されます。


https://www.24hi.net/brand-copy-IP-4.html
https://www.24hi.net/brand-copy-IP-5.html
https://www.24hi.net/brand-copy-IP-6.html


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nara.areablog.jp/blog/1000266161/p11787772c.html
カテゴリー | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
www.ins080.comソニーII FES WATCH電子ペーパーウォッチ
www.ins080.comイノベーション時計の先駆者 - アテネはイノビジョン2を見る
www.jpan123.comこれらの新しい時計は新しいプロセスを特徴とします
  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
goods520blog
プロフィール

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 543
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード