山縣カイロ院長の右肩上がりブログ(整体ではありません)

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nara.areablog.jp/yamagatachiro

お礼とご助力のお願い。

皆様 おはようございます。

どうも山縣カイロ院長(整体ではない)です。


この24日に父親が脳出血で緊急搬送され 25日にかけ緊急手術を受けました。

急なキャンセルに対応して頂いた患者様、父親を必死に処置して頂いた

先生方、看護師さん 世間がイブだと浮かれている中 緊迫した命の現場

に身を置かれていること 本当にありがたく頭が下がりました。


初め家族から様子がおかしいと連絡があり、てんかんの発作だろうと

判断していたのですが、失認、失行、失語、右半盲の症状が出だしたので

緊急搬送して頂きました。祝日にも関わらず脳神経外科の先生がおられたのが

助かりました。造影剤CTの結果 左側頭葉の言語野から後頭葉の視覚野まで

出血が広がっており 症状を起こしている様でした。

父親は右利きですから 左が優位脳になりますので、症状がひどく出ました。

出血の場所は 以前脳動脈瘤のクリップ手術を受けた所からの出血が

疑われ、次に出血したら 命にかかわるとのお話から手術に踏み切りましたが、

予想通り 中大脳動脈に瘤があれば 完全にクリップで閉じてしまうので

脳梗塞がおこる可能性が高く失語症のリスクを説明して頂きましたが、

先生が明日 他の手術があるので 手術の判断を今すぐして頂きたいとの

緊急性があり その状況下で冷静であったのか分かりませんが、

その後のリハビリにかけることにし 手術に踏み切りました。

開頭の結果 中大脳動脈からの出血はなく 脳内出血であり

傷口も見つからなかったとのこと 血液を綺麗に吸い取る処置を

して頂きました。手術の選択が良かったのかどうか分かりません。

傷口が見つからない場合 またそこから 出血するリスクは

少ないとの少し安心するお言葉がありました。

しかし圧迫を受けた 細胞は死んでいるとのことでしたので

これからどんな症状が出てくるのか すごく怖いです。

しかしながら 以前右側の被殻出血を起こした時は

片麻痺が起こってもおかしくない状態だったのに

特に症状も出ず 元気だった驚異の父親ですので

今回も何もない事を期待しております。

父親はICUから現在HCUに移り まだ意識が昨日段階では

はっきりしていませんが、これからどのような状態か分かってくるでしょう。


カイロプラクティックで何が出来るのか 僕自身として何が出来るのか・・

先生方 先輩方のご助言を頂きながら 自分に出来ることを

やっていきたいので 皆様のご協力お願い致します。

こんな時こそ 機能神経学?

父親の救命に 手を尽くしてくださった方々 本当に感謝致します。

でも救命救急士のお姉さんは だいぶ怖かったぞ!

患者の家族はテンパっていることが多いのだから あなたのやさしさで

包み込んであげて! でもまあ あんだけ次から次へと運ばれて来たら

マジで戦場やからしょうがないかもね〜

あと咳からのぎっくり腰で緊急搬送されてきた おば様

まあ内臓の疾患のこともあるからいいけど 本来カイロだぞ!








脊柱管狭窄症 奈良
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nara.areablog.jp/blog/1000088290/p11801664c.html
カイロプラクティック | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
立つんじゃ!立つんじゃ!
熊野古道とコストコ道
もうすぐ初老の巻
  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
奈良のカイロ院長「山縣」です。イメージ
奈良のカイロ院長「山縣」です。
プロフィール
奈良県の大和西大寺で開業している山縣カイロプラクティック院長のここだけのはなしです。 主に健康や何かの為になるような事を書けたらなと思います。 院のお知らせやたわいもない話など楽しんで貰える様に頑張りますので応援お願いしま
前年  2019年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 1月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 1 285817
コメント 0 239
お気に入り 0 5

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<