奈良市骨盤矯正整体院「子供たちの未来」託児無料

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nara.areablog.jp/mirai

自閉症・ADHDは牛乳とパンが原因?!

昨日、私の尊敬する小児科の名医、

 

真弓定夫大先生の講演会でADHD、LD(多動症・学習障害)などは

食生活生活習慣の改善で治ると聞き調べた。

 

 

   牛乳小麦を食べないと、

自閉症など発達障害は改善する。
 

 

 英国サンダーランド大学自閉症研究部門主任教授のポール・シャトック博士は、

「世界中の多くの親たちや専門家が、


カゼイングルテンを除くと、

自閉症を改善できることを見いだしている」

 

 「親たちの報告を調べたリムナンドの研究では、

食餌療法の結果はどのような薬物の治療よりも、
非常にすぐれたものであるようだ」と述べる。

 

 

 

   
  牛乳カゼインという蛋白から

麻薬様物質(カゾモルフィン)ができ、

脳の発達を阻害し、自閉症・多動症・学習障害などを生じる可能性がある。

 

  自分の脳内麻薬は分解できるが、牛乳の麻薬は分解できず蓄積する

 

 脳内麻薬とはエンケファリンという物質。

脳内でつくられ、シナプスに結合して、
神経伝達を遮断し、不安や痛みをとる。
エンケファリンは使用後すぐ分解されるので麻薬中毒にならない。

 

 ところが、牛乳のカゼインと小麦のグルテンという蛋白からも、
脳内麻薬に似た物質ができるとが分かり、


ノルウェーのオスロー大学小児研究部門のカール・ライヘルト教授によれば、

自閉症(や発達障害)の、

90%近い患者の尿に、この麻薬様物質が見つかり、

 

注意欠陥障害(ADD)や精神分裂症

にも見つかった。

 

この麻薬様物質はすぐには無くならない、

 

乳製品を完全に止めて、

2年経ってもまだ尿に出る。

乳製品は39℃以下の腸内では固まり、

 

ゆっくり吸収され続けるため簡単には出て行かない。

 

 


  シナプスの刈り込み時期

(幼児期と思春期)に

麻薬様物質が影響すると、

脳の発達を阻害する


 

 

 大脳皮質のシナプス(神経接合部)の数は、生後1歳で最大となり、


就学前数年の間に刈り込まれ急速に減少し、思春期にも大きな刈り込みがあり、
以後20歳まで減少する。

 

幼児期シナプスの増加と刈り込みは脳の可塑性をつくり、思春期の刈り込みは、大人の効率的な脳へと発達させるようだが、

麻薬様物質はこのシナプスを遮断するので、特にこの2回の刈り込み時期に、

脳の発達が障害される。

自閉症は幼児期の刈り込み時期に多く発症し、

統合失調症は思春期に発症することが多く、
思春期の子どもが急に暗くなったりするのはこのためかも。

 

 

 オスロー大学のカール・ライヘルト教授は、

 

自閉症児に対する4年の食餌療法で、

尿中のペプチド(麻薬様物質)量が減るとともに、

 

言語学習能力診断検査が改善する、

関係を見つけた。

 教授は麻薬様物質が脳の発達に影響を与えるから、
できるだけ早く食餌療法を始めるほうがよい。

 

 この食餌療法は徹底しなければならない。

それはグルテン1分子から15個の麻薬の様な物質ができるから。

 さらにカゼインが吸収されると蛋白分解酵素を抑制し、

 

麻薬の様な物質が出来る悪循環が生じるから。

 ライヘルト教授によれば、米と大豆は麻薬の様な物質がないという。

 

日本食は精神にも

よい食餌と言う事。

 

 フロリダ大学医学部、生理学・心理学・精神医学教授ケード博士は、

 

少なくとも3年以上薬物治療などで改善のみられなかった、精神分裂症57例と、

少なくとも1年以上改善の見られなかった、自閉症(アスペルガー症候群を含む)

 

70例に対し、麻薬様物質を除く治療をした。

 

 その結果、「透析」または「透析+食餌治療」を受けた57例の分裂症患者のうち、

23例(40%)は全て大きな改善を示すか、

 

完全に正常になった(常勤の職を得て正常な社会生活ができるものもある)。

 

この際、透析治療だけでは効果が出るのがやや遅かったが、

グルテン(麦類)・カゼイン(乳製品)除去食を加えると、

 

急速で完全な改善がみられた。

また食餌治療を守らないと、症状が逆戻りする。

 

それゆえ、除去食治療が非常に重要であることがわかる。

 

 またグルテン・カゼイン除去食治療を受けた、70例の自閉症小児のうち、

81%は1ヵ月まで自閉症の診断徴候

(社会的隔離、 視線接触、緘黙症、学習能力、活動過多、 常同活性、清潔状態、不安発作、 自傷)

 

と重症度(0-4のスケール)の大部分で統計学的に有意な改善が起こり、

3ヵ月までに全ての指標が有意に改善した。

 

そして改善は1年持続した。

 

改善しなかった13人の小児(19%)のうち、


5人は多量の尿ペプチド(麻薬様物質)排泄を持続しており、

 

食餌療法をしていなかったことが強く示唆された。

 

 自閉症(広汎性発達障害に分類される)と分裂症(統合失調症)は生涯続く病と考えられており、

 

この治療法を受ける前は全ての患者で改善が見られていない。

グルテン・カゼイン除去食治療は、

 

すごい効果を持っていると言わざるを得ない。

 

 このような素晴らしい治療効果を持つのに、

 

今も大多数の専門家は冷笑・懐疑・徹底的な敵意をもってこれを無視する人が多い。

シャトック教授は、

 

「我々西欧社会では牛乳を飲む利点を信じるように条件付けられている」といい、

また「西洋の文化はすぐ合成の薬の使う」と文化の問題をあげている。

ライヘルト教授は、食餌治療は儲からなく、どうしても薬物療法が主流になるという。

 

 

 

子供たちの幸せをねがう、

     

      ママのための一条整体院(奈良院)>>>

〒630-8115 奈良県奈良市 大宮町1丁目3-7 1F 0742-35-4976

 

 

 
にほんブログ村 子育てブログ 子育て支援へ
           にほんブログ村

子育て支援に、ご協力「ポチッ」ありがとうごさいます。

 

 

     おかげさまで本日は、全国2位

     奈良の整体院・骨盤矯正専門の医療ブログもよろしく

      

 

         

 

         子育てママの一条整体院奈良携帯サイト

         http://katy.jp/gwpm/

 

 

乳製品の記事

 

乳製品は太る理由(吸収率編)

http://nara.areablog.jp/page.asp?idx=1000007112&post_idx_sel=10306791

 

牛乳無用! 危険!子供に飲ませないでhttp://nara.areablog.jp/blog/1000007112/p10157795c.html

 

牛乳が骨粗しょう症の原因?

http://nara.areablog.jp/blog/1000007112/p10157756c.html

 

牛乳信仰は誰が教祖?

http://nara.areablog.jp/blog/1000007112/p10157735c.html

 

乳幼児に、牛乳を飲ませるな?!

http://nara.areablog.jp/blog/1000007112/p10158311c.html

 

不妊症と牛乳。

http://nara.areablog.jp/blog/1000007112/p10158597c.html

 

牛乳は骨粗しょう症の原因!?



多動症・学習障害の食餌治療
goodポイント: 3ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nara.areablog.jp/blog/1000007112/p10325143c.html
母乳 マッサージ 授乳 断乳   | コメント( 17 ) | トラックバック( 0)

私はADHDですが、牛乳も飲みませんし、小麦アレルギーでパンも食べません。

[ -- ] 2010/11/22 17:06:11 [ 削除 ] [ 通報 ]

小麦アレルギーと言うことは、バックヤードさんが幼いころ、
かなり小麦をたべた、または母親の妊娠中、授乳中の食生活習慣が悪そうですね、
牛乳と書きましたが、乳製品、つまりヨーグルト、バター、チーズ、クリームのこと、
コーヒー牛乳、ミックスジュース、カフェラテ、
安物のチョコなどお菓子にもかなり入ってるし、イタリア料理などはピザもグラタンもパスタのほとんどにはいっている。
乳製品を全く取らないことは現代日本では至難の事。

あと牛肉などもわるいし、エアコンや飲む水なども関係していると真弓先生は言われるのでので、詳しく書いてゆきますね

[ 奈良の整体師、昔家庭教師 ] 2010/11/22 21:12:43 [ 削除 ] [ 通報 ]

>乳製品は39℃以下の腸内では固まり、
>ゆっくり吸収され続けるため簡単には出て行かない。
宿便理論でしょうか?内視鏡で直接そんなものは無いと
確認されておりますが…

[ w ] 2010/11/23 15:55:27 [ 削除 ] [ 通報 ]

参考文献を載せてください。
ヒトの母乳にもカゼインは含まれていますが授乳をやめてもそれがとどまり続けるのならば全員に危険性があるということですか。

[ -- ] 2010/11/23 18:54:48 [ 削除 ] [ 通報 ]

ADHDや自閉症やアスペルガーはぜいいんアレルギー持ちだが
糖質とボーダーとサイコパスはアレルギーが無いっていうのは有名だよな。
猫とか飼って、脳みそがトキソプラズマにヤられるとアレルギーが治ってビッチ=ボーダー症候群になるってのも有名

[ の ] 2010/11/23 19:53:36 [ 削除 ] [ 通報 ]

ここで引き合いに出されているカゾモルフィンという物質は
母乳にも含まれています。
これはいったいどういうことでしょう?
ちなみに自閉症は心の病ではなく先天性の障害です。
治る治らないといった範疇の病気なのでしょうか?
こういった疑問があるので、参考文献を載せていただけるとありがたいです。

[ -- ] 2010/11/23 20:11:50 [ 削除 ] [ 通報 ]

パンが主食の西洋人はみな自閉症なのか?

[ 理論破綻 ] 2010/11/23 23:02:44 [ 削除 ] [ 通報 ]

カゾモルフィンは母乳の中から発見された物質で鎮痛作用があるとされています。母乳を飲んだ乳児が眠れるのはこのカゾモルフィンの効果によるといわれており、精神安定に効果があるといわれています。

母乳ヤバい、つまり人類がやばい(棒読み)

[ に ] 2010/11/24 11:22:19 [ 削除 ] [ 通報 ]

カゼインは、牛乳に含まれる乳タンパク質の約80%を占める。
主要成分の一つで、
その構成成分は単一のタンパク質ではなく、
大きく分けて下記の3種類に分類される。

α-casein(アルファ カゼイン)
β-casein(ベータ カゼイン)
κ-casein(カッパー カゼイン)

カゼインは、人間の乳においても同様に存在するが、
人乳においてはα-caseinの量が牛乳に比べて著しく少ない事が知られている。

牛乳を飲んでアレルギー症状を起こす人の多くは、α-caseinが原因(抗原)であると言われている。
そのため、現在では乳幼児用などにこのα-caseinを減らした乳児用ミルクなどが販売されている。

[ 奈良の整体師、昔家庭教師 ] 2010/11/25 20:42:54 [ 削除 ] [ 通報 ]

 めんどくさいから、本日の記事にまとめて回答します、

真弓定夫大先生の名誉回復の記事は、医療ブログの名医紹介でじっくり書かせていただきますね。

[ 奈良の整体師、昔家庭教師 ] 2010/11/25 23:24:30 [ 削除 ] [ 通報 ]

初めまして。マクガバンレポート検索から来ました。
私は「蚤とダイエット」という変なタイトルの健康関連を中心とするブログをやっています。
真弓定夫医師が監修している漫画「カン・ジン・カナメの健康教室シリーズ」は全部読みました。素晴らしい内容ですね。
私自身は以前はお肉大好き、乳製品大好物の中年男でした。
今や、ナンチャッテベジタリアンに大変身。しかも健康ブログをやっています。
人は変われば変わるものです。
しかし、変われない人の方が圧倒的に多いことも実感しています。
でも、粛々と自分が正しいと思う情報を発信していきます。
ありがとうございました。

[ 為谷邦男 ] 2011/03/26 23:03:12 [ 削除 ] [ 通報 ]

コメントおそくなりました。

為さんのブログはためになりそうなので、勉強させてもらいますね。

[ 奈良の整体師、昔家庭教師 ] 2011/04/24 17:53:15 [ 削除 ] [ 通報 ]

あなたの方向性を全面的に支持します。

勉強不足の無知無学達のコメントはスルーで
いいのではないでしょうか。

自分では何の努力もせずに、批判だけして
恥ずかしくないのだろうか。

馬鹿に負けず、真実の啓蒙活動頑張って下さい。

[ まるお ] 2012/12/06 11:26:26 [ 削除 ] [ 通報 ]

私もGFCF生活をしてADHDと身体の不調が消え去った者です。
私はコムギを食べると具合が悪くなるようになって気づきました。
息子のうち一人がアスペルガーと診断されていますが、コムギ除去をするとほぼ普通の子になります。ただ誘惑が多くしばしば食べてしまうので、グルテン消化酵素を常備しています。ものすごく「うざい!」様子になるので、コムギを食べたかどうか聞くと、100%食べてます。分かり易いです。
理論破綻、という人が上にいますが、まったくナンセンス。おかしいのはあなただよ、と思います。

[ kei ] 2014/03/13 19:40:40 [ 削除 ] [ 通報 ]

keiさんありがとうございます。

なかなか、今の日本で完全除去は難しいですね。

グルテン消化酵素と言うのは売ってるのでしょうか?

良かったら教えて下さい。

[ 奈良の整体師、昔家庭教師 ] 2014/05/01 16:03:14 [ 削除 ] [ 通報 ]

まるおさん返事が遅くなって申し訳ありません。

アチーブメント出版より、

「すっきり下半身美人になる減塩習慣」という

ダイエット本を、書いておりまして、ブログをほったらかしに、

しておりました。

励ましの言葉、ありがとうございます。

[ 奈良の整体師、昔家庭教師 ] 2014/05/01 16:09:12 [ 削除 ] [ 通報 ]

私は飲み物は水であり食べ物は和食そして、小麦製品も全く口にしていません。
何故ならば、アレルギー性鼻炎を改善する為に食生活をかえて20年になるからです。
アレルギー性鼻炎はほとんど症状が出なくなりました。
しかし、貴方が信じてらっしゃるパン食をやめるだけで治るADHDは改善しません。

つまりは偽情報ですね。
私の母もパン食をやめるとADHDが治ると本を鵜呑みにした結果、私に説教じみたことを言ってました。

悪質な情報は本気で悩んでいる人にとって害があるので削除願います。

[ ADHDっ子 ] 2016/06/09 10:04:28 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
ベビーマッサージ教室を開催します。
母乳で育てば動脈硬化にならない?
母乳で育てられた子供は、肥満になりにくい。
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
奈良の整体師、昔家庭教師イメージ
奈良の整体師、昔家庭教師
プロフィール公開中 プロフィール
 間違いだらけの、健康情報。

あるある大辞典はウソつき!おもいっきりテレビは先生によって、間逆の意見。

せめて、ネットにくらい、正しい情報が、あればと、書いてます。

私は奈良市で整体院をやってます、骨盤矯正、腰痛肩こりのことだけでなく、

体質改善、漢方、妊婦さんの悩み、うつ、
パニック障害、メニエル、バセドー、頭痛、めまい、耳鳴り、
橋本病、喘息、アトピー、花粉症、痔、冷え性、がん予防など。
 

健康のことなら、なんでも、聞いて下さい。

あと、これは、間違っているのでは?

とか、こういう説もあります、とか、どしどし下さい。

医学も完全ではなく、まして私の知識も完全では、ありません、

人の体はそれほど、複雑で精密で、奥が深く、まだまだ科学で解明できない、仮説にすぎない、段階です。

また、家庭教師を20年ほどやってましたので。
子育てや勉強、人生の悩みなど、よろず悩み相談、たまわります。
専門外で、なかなか、返事返せないときは、読者のみなさん、
代わりに、教えてくださいね。

子供たちの幸せをねがう、すべての人のためのブログです。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 1月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 101 2717281
コメント 0 866
お気に入り 0 32

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<