ドイツ式両眼視機能検者のブログ/ジョイビジョン奈良オプト松本

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nara.areablog.jp/yasupolatest-joyvision-optmatsumoto

小・中学校の先生を対象とした視覚機能ワークショップ

明日、小学校・中学校の教諭を対象とした視覚機能ワークショップを当店営業終了後から行います。

昨年末から計画していたのですが、第一回目が3月という新年度の丁度良い時期になりました。

見る力に弱さを持つ児童に対し、そもそもビジョントレーニングのテーブルに乗る児童なのか?それとも専門機関で両眼視機能を補正する眼鏡が必要な児童なのか?マンツーマンでトレーニングする必要がある児童なのか?

この辺の曖昧さがある状態で「見る力の弱さ」にアプローチしても、本当に方策として正しいのかが分かりにくく、繰り返し行う評価法も観察的評価法だけでは効果測定としても不十分と言えます。

この辺りの事に対し、学校で行える特殊器具を必要としない評価法をお話させて頂こうかと考えております。

このようなワークショップを行う背景として、現実問題として、学校から当店でのアセスメントを勧めたいという状況にもかかわらず、家庭背景や養育環境によって、必要なのに受けれない子どもたちがいるからです。

この事案に対して、学校で「ある程度の詳細な視機能のアセスメント」を受けれるようになれば、家庭背景や養育環境、そして金額というハードルは低くなると思います。

そもそもが両眼視機能由来の困り感で、キチンとした眼鏡の必要性があれば、専門施設にリファーする事の優位性に変わりは無いのですが、これに関してもある程度精査された状態でリファーされるのとそうでない状態では養育者の受け取り方も違うと思います。

また、アセスメントの必要性がある児童に関して、全て専門機関でのアセスメントを受ける事だけを考えるのではなく、学校のアセスメントでカバーできないケースだけを専門機関でカバーするという考え方でも良いと思います。

誤解の無いよう付け加えますが、

専門機関でアセスメントを受けれる環境であれば、専門機関で行う方が当然有利です。
それを仕事として行い、設備的にも必要な物は全て揃っており、専門的な知識を蓄え続けてるのですから。

ただ、実際問題として存在する事案に対して、毎日通う学校でアセスメントを取れるようになれば、困り感の要因が分かり、少しでも前向きになれるお子さんと養育者も増えるのではないかと考える次第です。





奈良 視覚機能 視覚認知 ジョイビジョン奈良 両眼視機能検査
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nara.areablog.jp/blog/1000005422/p11567550c.html
視覚認知 トラックバック( 0)

視覚認知トレーニングツール/KATAMINO(カタミノ)

視覚認知トレーニングツールとして役立ちそうなツール‟SKATAMINO(カタミノ)”を入荷致しました。

 

カタミノはさまざまな形をしたブロックを組み合わせ、指定されたマス目を埋めていくパズルゲームです。


マス目の範囲や選ぶブロックの数によって難易度設定ができ、 年齢やスキルに関係なく誰でも自分のレベルに応じて遊ぶことができます。
また、教育のツールとして世界中の教育者から絶賛されており、 世界的な賞も数多く受賞しています。

 

是非、店頭にて御高覧ください。



遊び方



奈良 ビジョントレーニング 視覚認知 両眼視機能 見る力 発達障害
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nara.areablog.jp/blog/1000005422/p11559442c.html
視覚認知 トラックバック( 0)

大阪府柏原市「きっずサポートなにわ」様に御紹介頂きました

先日、大阪府柏原市「社会福祉法人なにわの里」様より取材頂き、利用者様の御家族にあてた季刊誌「なにわタイムズ」に掲載して下さいました。

 

「地域の社会資源としてジョイビジョン奈良さんを御紹介したい」とお話を頂いた事は、社会資源としての意味や責任をあらためて考える必要があります。

 

本来、両眼視機能検査・視覚認知検査・ビジョントレーニング等は専門性の高い分野であるにもかかわらず、行政によるフォーマルサービスが利用できない現状です。

 

インフォーマルの要素が多い故、突然に「しっかり検査はじめました〜」等と喧伝する質の低いサービスも散見するようになりました。

 

当店においては、本来の「フォーマルサービスの出来ない部分を補完する、質の高いインフォーマルサービス」にフォーマルな要素を持たせる為に、来年度は施設・人員等の発展性を考えていく年になっていくと考えております。

 

また、来年におきましては、県内外の公立小学校、県内外の発達障害の児童を対象とした学習機関より、継続性のある案件をいくつか頂いております。

 

小・中学校の春休み・夏休み期間は出張を頂くことが多くなると思われます。

 

よろしくお願い致します。




奈良 眼鏡 両眼視機能 視覚認知 複視 物が2重に見える 発達障害 ビジョントレーニング
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nara.areablog.jp/blog/1000005422/p11520874c.html
視覚認知 トラックバック( 0)

昨日は天理小学校にて講演でした

昨日は天理小学校にて、1年ぶりに視覚機能の講演をさせて頂きました。

お題は踏み込んだ内容ということで、ビジョントレーニングという効果的な出口方策を活かすために、特殊器具を用いずに行う視機能のアセスメント、各種簡易チェックのテストバッテリーをお話させて頂きました。

各種簡易チェック単体では、視機能に困り感を抱える児童の状態像を把握できませんが、テストバッテリーして矛盾なく解釈していく事で、入力部分における困り感はかなり精度高く掴むことが出来ると思います。

これらを使いこなして頂ければ、一般の眼鏡店よりもずっと精度高く状態を掴め、より実態に沿った方策が立てれると考えます。




奈良 眼鏡 両眼視機能 視覚認知 ビジョントレーニング
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nara.areablog.jp/blog/1000005422/p11476399c.html
視覚認知 トラックバック( 0)

県内小学校より講演依頼

久々に県内の小学校より講演依頼がありましたので、講演に向けて資料作成中です。

 

求められる講演の内容が高度になってきて、今回はアセスメントに重きを置いた内容になります。

 

具体的には、「読み書き・球技が苦手」という状態像に対して、対象児に関する視機能の状態を学校内で出来る範囲の角度からアプローチして、それらの結果を整理・解釈していく流れをお話しできればと考えます。

 

結果、学校で出来ることと出来ないこと、リファーすべきケースの判断基準が高まることに繋がることが重要だと考えます。




奈良 眼鏡 両眼視機能 視覚認知 ビジョントレーニング
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nara.areablog.jp/blog/1000005422/p11467135c.html
視覚認知 トラックバック( 0)

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ジョイビジョン奈良/Opt松本イメージ
ジョイビジョン奈良/Opt松本
プロフィール公開中 プロフィール
本当の意味で「楽で疲れない眼鏡」を作ってみませんか?

眼鏡は「価格」や「スタイル」だけで選ぶ物ではありません。

店構えの大きさや綺麗さで選ぶものでもありません。

眼鏡は大量販売に向かない商品であり、「安く売って数をさばく」という性格のものではないのです。


眼鏡でお困りの方は奈良県下唯一の両眼視機能検査を行えるジョイビジョン奈良にご相談ください。
    【検査内容:ドイツ式両眼視機能検査・深視力測定・視覚認知検査・発達障害の子のビジョントレーニング指導】

日本眼鏡研究会 ・視覚機能研究会・日本眼鏡学会 の会員です。

★【ドイツ式両眼視機能検査・深視力検査・視覚認知検査の御予約はこちらで承ります】★

メール本文に【氏名】【御連絡先】【予約希望日】【検査のみ希望or眼鏡購入】
【主訴】を御書き添えの上、御連絡頂戴できますと幸いです。
 【 nsa41432@nifty.com 】

公式HP http://www.joyvision-nara.com/
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 147 798201
コメント 0 192
お気に入り 0 4

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<