ドイツ式両眼視機能検者のブログ/ジョイビジョン奈良オプト松本

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nara.areablog.jp/yasupolatest-joyvision-optmatsumoto

人の見え方を共有するメリット

「なんとなく見えにくい」「まぶしい」「ぼけてみえる」等の訴えは、視力・両眼視機能が正常に評価され、眼疾患が無い場合に於いては「感覚の差」として片付けられがちで、その人の見え方を可視化して理解・共有しようとすることはされていません。

 

下の5枚の画像は、眼鏡をかけた状態での対象者5名の見え方を収差測定装置でシュミレーションしたものです。

 

他機関では「視力1.0だから問題ない」と言われた5人の方々の「見え方」ですが、確かに数値としては問題が無いように聞こえますが、それぞれの見え方のシュミレーションを見ると、この方々が訴える「見え方の不快感」は視力の問題だけでないことが分かります。

 

しかしながら、現在日本で行われている一般的で従来的な視力測定では対象者の見え方を理解することは非常に難しく、見え方の困り感を深く理解して共有することが困難です。

 

また、見え方に困り感を持つ当事者の家族においては、家族間で見え方の困り感を持つ者が一人しかいない場合、どのように見えにくく、どのように困っているかの理解が非常に難しく、より有効な方策を立てにくいのが現状だと言えます。

 

例えば、よくあるケースとして、

‟子どもが眼鏡を掛けているが見えにくいと訴えている。眼科では視力1.0見えているから問題ないと言われた”

‟夫婦ともに同じ視力であるが、同じ物を見ても同じように見えていると思えない”

‟最近メガネを新調したが、運転時(特に夜間)の見え方に不満がある。光を眩しく感じるが理解してもらえない”

・・・等があります。

 

人の見え方、他者の見え方を理解しようとしたとき、その人の見てる映像を他者が見る為には、網膜に形成される映像の可視化を検討する必要がありますが、網膜上に直接カメラを置くことは出来ないので、眼の光学系(角膜・水晶体・硝子体)において、眼底上からの光がどのような経路を辿り、眼の光学系でどのような収差を受けているかを検査することによって、その人の見え方を可視化することが可能になります。

 

この、個々によって違う「見え方」「ぼやけて見える感覚」「眩しさの感覚」を可視化して、テスター(検査者)や家族が当事者の「見え方の困り感」を理解・共有することは、眼鏡による補正の可能性だけでなく、当事者が感じる「不快感」「困り感」を他者に伝えることができる等の多様なメリットがあります。

 
例えば、学校における配慮を求めることにおいても、抽象的なイメージであった見え方の多様性を可視化できることは大変なメリットがあるでしょう。
また、自身の見え方を知ることによって、スタンダードな見え方との差を知ることもできるでしょう。
 
そして、その差を埋めるべき「眼鏡」は屈折・両眼視機能検査で精密に測定され、精密なパーフェクションレンズで補正することも出来ます。
 
視覚という初期知覚領域において、感覚や見え方の共有は「眼鏡の在り方」を見直すことに繋がる可能性があると言えます。







奈良 メガネ 見え方の質 OPD-S奈良 メガネ アーレンシンドローム 視覚
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nara.areablog.jp/blog/1000005422/p11734875c.html
視機能矯正事例 トラックバック( 0)

見え方の質という考え方

昨年に導入したOPD-ScanV (Ophthalmology version) 「見え方の質の追及」に関して、たくさんのケースが集まり、その解釈や解析も熟達してきました。

※OPD-ScanVとOPD-ScanVVSという機種がありますが、VSに関しては機能大幅省略版のメガネ店での商的要素とデモンストレーション的要素が強い機種であり、当施設での機種とは全く違うものです。解析プログラムが全く違います。

視覚評価の中で最もシンプルな評価に「視力」があります。

視力評価は1.0や0.1等の単純な「良し悪しの評価」として解釈されますが、同じ視力を持つ者同士の比較は考慮されていません。

例えば1.0という視力を持つ100人のグループでも、一人一人が違う見え方の質を持っており、同じ視力であっても「見え方の質」は個々人によって差があります。

 

一般的な眼科・メガネ店は、この視力のみで評価され、眼鏡作成されることによって「なんとなくスッキリ見えない」「薄暮・夜間時の見え方が悪い」という訴えに対し、『視力はでているので問題ありません』という視力を基準にした対応をされているのが現実です。

 

同じ視力であっても、夫々が同じように鮮明感を感じたり、同じように色を感じたり、同じように光を受容していることはありません。

例えば、下記の画像を見比べてみましょう




上の写真は角膜形状/屈折力解析装置OPD-ScanV (Ophthalmology version) ※(注)で測定した2名の視力表1.0(20/20)の見え方を比較したものです。

対象者は同年齢で比較しており、両者ともに屈折異常・視機能補正後の視力値は同じ1.0です。

※OPD-ScanVとOPD-ScanVVSという機種がありますが、VSに関しては機能大幅省略版のメガネ店での商的要素とデモンストレーション的要素が強い機種であり、当施設での機種とは全く違うものです。解析プログラムが全く違います。

同じ視力を持つ者同士であるにもかかわらず、上の対象者と下の対象者では見え方が全く違う事が分かります。

この見え方の違いは、後述する眼球全体の高次収差が影響しており、上側は収差が高い眼、下側は収差の低い眼の見え方を可視化したものです。

 

更に、この2人が同じ点光源を見た場合は下記のような見え方の差が出てきます。同じ視力であるにもかかわらずです。




更にコントラスト感度のグラフを比較すると、同じ視力なのに大きな差があります。




日本では「1.0あるから問題ない」「視力が良い」「0.3しか見えていない・・・」等、視力に固着したエピソードが多く、また両眼視機能に関しても「プリズムメガネ作れます」「両眼視検査」「脳内視力」など体系的な学習を受けず、本来は非常に難しい技術を軽く扱うメガネ店が多くなっています。

当店では屈折検査・両眼視機能検査・視覚認知検査をテストバッテリーするとともに、眼球光学における高次収差の解析を用いることにより、屈折・両眼視機能の補正したグループの中において「見え方の質」を向上することに注力しています。



換言すれば、1.0の視力を持つ100人のグループの中で現状がどこに位置するかを解析し、そして同じ視力を持つグループ内での質向上に努めるという事です。

見え方の質という観点で視覚を考えた場合「視力1.0だけど、同じ視力を持つグループ100人の中で100番目の質の眼」と「視力0.7だけど100人中1番高い質の眼」を比べた時、どちらが良いと言えるでしょうか?

収差の影響で視覚対象が滲んだり光が拡散する。だけども視力1.0の眼が良いのか?

視力は0.7だけど、収差の影響を受けず、視覚対象は一定の距離に近づけばコントラストが高く滲みもなく眩しさを感じない眼が良いのか?

比較する視力値が近い場合は答えやすい問いですが、比較する視力値に差が出た場合には答えが出にくい問いであり、「見え方」というものに向き合うことになると思います。

当店においては、視力・両眼視機能ともに対象者にとってベストな状態を出して、そのうえで比較する事が困難であった「見え方の質」を解析し、そして質低下を補完するパーフェクションレンズを装用することで、視力や視機能などの数値上の個人内差の乖離を埋めるだけでなく、感覚的要素であった質の問題を埋めることができる可能性があります。

 

見え方にお困りの方はご相談ください。



奈良 メガネ 見え方の質 OPD-ScanV 眩しさ アーレンシンドローム 視覚過敏
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nara.areablog.jp/blog/1000005422/p11728774c.html
視機能矯正事例 トラックバック( 0)

3/20(火)は休業・3/21(祝日)は営業致します

3/20(火)は米国オプトメトリーカレッジ Marshall B. Ketchum University の修了式の為、臨時休業とさせていただきます。

 

★3/21(水)春分の日は振替営業致します。

 

ご不便、ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い申し上げますm(_ _ )m




奈良 メガネ 両眼視機能 オプトメトリー 斜位 斜視
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nara.areablog.jp/blog/1000005422/p11719804c.html
視機能矯正事例 トラックバック( 0)

アーレン症候群は特殊な状態ではないと考えるべき

昨年から今年の2月末までで、当店でアーレン症候群と思われるケースが300事例を軽く超えてきました。

 

このアーレン症候群に関する研究を1年がかりで行い、アーレン症候群と視機能関連のテストバッテリーを行った論文も完成し、現在は研究に御協力頂いている先生方に査読して頂く段階に進んできました。

恐らくですが、日本語・英文で論文検索する中では、このテストバッテリーを詳細に行っている機関は皆無だと思います。

 

そもそもアーレン症候群とは、

 

‶全般的な知能が正常範囲にあり、視覚や聴覚などに障害がなく、学習環境や本人の学習に対する意欲にも問題がないにも関わらず、文章を正確に読めない、流暢に単語認識ができない、または綴りや文字記号の音声化がうまくできないといった読みに困難がある者がいるが、その読みに困難がある者の中に、「文字が揺れて見える」や「文章が波打って見える」、または「紙面が光って見える」などと訴える者がいる。視知覚に関連した障害でアーレンシンドローム(Irlen  syndrome)、ミアーズ・アーレンシンドローム(Meares-Irlen  syndrome)、あるいは視覚ストレス(Visual  Stress)と言われている光の感受性障害がある。

この障害は、文字や文章を読む際に歪みや不快感が生じるものである。その症状は有色フィルムやレンズを使用することで改善が見られる。欧米では、1980年に、そして日本では2006年にこの障害の研究が始まり様々な視点からSSSは検証されている”

と、されている視覚過敏の一種です。

有症率においては、欧米では20%〜38%、日本では6%と推定されていますが、日本での有症率の少なさは、一部の限られた研究施設だけの概念である事や、言語処理における英語と日本語での違いがあるとも考えられます。

当店でのアーレン症候群と思われるケースは、2017年〜2018年の1年2か月で30%の有症率を越えており、日本においても当店同様にアセスメントの手順・角度を変えることで欧米同様の有症率を検出することが可能であると考えています。

そして、アーレン症候群は一部の限られた研究施設による閉ざされたアセスメントではなく、視機能を詳細にアセスメントすることが可能な我々オプトメトリーに従事する者が積極的に関わっていく必要のある分野であると考えるようになりました。
 

そして、これらの状態をレアケースと捉えるのではなく、個々人が持つ固有で特有な見え方であると捉え、大人も子供も自分の見え方の特性を知る時代になっていかなければならないと考えます。

 

近視や遠視の眼鏡のように、自分に合うカラーフィルターレンズを当たり前に装用できる時代、学校でも隣の席の子や前後の子も自分にあうフィルターレンズを装用する時代は、すぐそこまで迫ってきていると実感できます。

 

見え方の良い悪いは「視力」「両眼視機能」という表層的な状態像だけでは語れません。

 

同じ視力・同じ両眼視機能の精度を持つグループが100人いたとしても、そのグループの中でも見え方の質はそれぞれに違うからです。

 

多くの人は、それぞれに違う見え方の質があると何となくでも分かりつつ、自分の見え方を他者と比較する事が不可能であるため、それが当たり前の状態になっていたりします。

 

そして、その困難に状態名や診断名が付けられることで当事者や親が受容できなかったり、他者と違う眼鏡を掛ける事が「からかい」の対象になったりするのは、これだけのケース数がある中では本当に間違った捉えだと感じます。

 

発達障害の有無にかかわらず、子供から大人まで全ての人に「見え方の質」にアプローチするアセスメントをとり、そしてその方策を提供する時代、選択肢を提示する時代にしていかなければならないと感じます。

「個々人が持つ固有で特有な見え方」を補正する方法は多様性を持ち、その多様性を認める時代にしていくべきです。

 

そうしていく為に、この1年は重要な位置づけだと認識しており、今行っているアセスメントを「より深く、より精度を高めていくこと」が、自分に課せられている使命のように感じています。




奈良 メガネ 両眼視機能 アーレン症候群 アーレンシンドローム 視覚過敏 光感受性障害
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nara.areablog.jp/blog/1000005422/p11717415c.html
視機能矯正事例 トラックバック( 0)

2/16(金)は奈良県立教育研究所にて講師のため12時より営業となります

明日、2/16(金)は奈良県立教育研究所で行われる奈良県発達障害教育研究会にて講師を行うため、営業時間が12時からの営業となります。

ご不便おかけし申し訳ございませんが、御容赦頂けますと幸いですm(_ _ )m



奈良 メガネ ビジョントレーニング 発達障害 奈良県立教育研究所 両眼視機能 視機能 視覚認知
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nara.areablog.jp/blog/1000005422/p11711096c.html
視機能矯正事例 トラックバック( 0)

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ジョイビジョン奈良/Opt松本イメージ
ジョイビジョン奈良/Opt松本
プロフィール公開中 プロフィール
本当の意味で「楽で疲れない眼鏡」を作ってみませんか?

眼鏡は「価格」や「スタイル」だけで選ぶ物ではありません。

店構えの大きさや綺麗さで選ぶものでもありません。

眼鏡は大量販売に向かない商品であり、「安く売って数をさばく」という性格のものではないのです。


眼鏡でお困りの方は奈良県下唯一の両眼視機能検査を行えるジョイビジョン奈良にご相談ください。
    【検査内容:ドイツ式両眼視機能検査・深視力測定・視覚認知検査・発達障害の子のビジョントレーニング指導】

日本眼鏡研究会 ・視覚機能研究会・日本眼鏡学会 の会員です。

★【ドイツ式両眼視機能検査・深視力検査・視覚認知検査の御予約はこちらで承ります】★

メール本文に【氏名】【御連絡先】【予約希望日】【検査のみ希望or眼鏡購入】
【主訴】を御書き添えの上、御連絡頂戴できますと幸いです。
 【 nsa41432@nifty.com 】

公式HP http://www.joyvision-nara.com/
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 22 818680
コメント 0 192
お気に入り 0 4

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<