TAKUTAKUのブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nara.areablog.jp/shinoken401011

最も治る確率の高いガン治療を求めて

しかし、大学病院で行うのには、時間的にも体制的にも難しい問題がありました。そこで吉田先生は、自分のやりたい治療を実践するために、自らクリニックを開業することを決心したのです。
低分子フコイダンに決めた理由

 平成10年、希望に燃えて開業した吉田先生ですが、時間が経つにつれてまたもや厳しい現実に直面することになります。現代医学では治療が難しい患者さんたちが、自分のクリニックにも数多く来院されていることに気がついたのです。
大学病院で治療していたときと同じ西洋医学の壁に再び突き当たってしまった先生は、深い無力感に襲われます。やはり壁は超えられないのかと自信を失いかけていたとき、知人から「ガン治療に使ってみては?」とすすめられたのが低分子フコイダンでした。
 「西洋医学を超えられる代替医療はない」と考える先生にとって、当初低分子フコイダンに対するスタンスは、ほかの健康食品となんら変わることかありませんでした。
患者さんには気休めになるかもしれないが、科学的根拠がない以上、治療に使うのは難しいだろうと。ところが、低分子フコイダンのメカニズムを聞くうちに、調べてみる価値があるのでは、と思うようになります。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nara.areablog.jp/blog/1000255759/p11651076c.html
がん治療 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
ブログイメージ

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 26
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード