山縣カイロ院長の右肩上がりブログ(整体ではありません)

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nara.areablog.jp/yamagatachiro

天候と痛み




皆様 こんにちは。

 

今日は 天気がいいですね〜

 

快晴ってやつですかね。

 

ですけど 最近 僕は思うのです。

 

俺が小さかった頃はもっと空が青かったと

 

どうも奈良のカイロ院長(整体ではない)です。

 

誰がいまだ人間的に小っさいじゃ〜い!

 

否定できひんこと言うのはツッコミじゃなく悪口やでww

 

まあ いいわい。

 

 

今日も青空が広がっているの? なぜか僕には白く濁って見える

 

大人になると心にフィルターをかけるから そう見えるのかい?

 

子供には あの頃のように 真っ青な空が広がっているのかな

 

                                 院長を 

 

院長を・・ 語呂悪い! とにかく語呂が悪いわ!ww 

 

みつを を気取ってみたけどもww 全然伝わってこん!

 

 

2曲目は 天気と痛み

 

 

天気が悪くなると、頭痛や関節痛が起こり出すという患者さんは多いです。

 

なぜ、このようなことが起こるのでしょうか。

 

これには、自律神経が大きく関与しているようです。

 

まず、気圧が低下すると自律神経が活発に活動を始め、副交感神経の作用で

 

ヒスタミンが生産され血管を拡張させます。

 

偏頭痛に関してはこの影響が大きいと思われます。

 

本来、自律神経は一方が優位に働くようになっていますが、

 

ヒスタミンの刺激で交感神経も活発になるという状態が起こります。

 

血圧と心拍数がそろって上昇し交感神経末端から出るノルアドレナリンの

 

血中濃度が増加することからも交感神経の興奮が起きていると考えられます。

 

ヒスタミンによって血管が拡張して血管から周囲の組織に水分が滲み出す。

 

むくみが起き、痛み物質が反応し痛みの感覚が更に交感神経を刺激して、

 

末梢の筋肉や関節周辺では血管が収縮する。

 

頭部では血流が増して頭痛となり、末梢では交感神経の作用で血管が収縮し

 

血行が悪くなって筋・関節周辺で痛みが発生してしまう。

 

このような異常な悪循環がおこり、自律神経も失調するようです。

 

慢性炎症と神経を損傷させたラットを使った実験によると、

 

気圧を下げることによって痛みを感じる閾値の低下と痛みの反応の

 

増強が観察されたが、

 

その環境のまま、時間をおいて同じ刺激を与えると、

 

この時には高気圧状態と同じ反応しか示さなかったことから、

 

低気圧による痛み閾値の低下と痛み反応の増強は気圧そのものが

 

問題なのではなく、気圧が低く変化することが問題であることも

 

わかったようです。

 

さらに交感神経切除した後は気圧の低下による痛みの増加が

 

見られなかったことからも

 

気圧低下によって痛みが増強するメカニズムには交感神経興奮が

 

関係していると考えられるようです。
 

 

自律神経はどのようにして気圧の変化を感知して反応するでしょうか。

 

ラットの内耳・前庭にある気圧を検出する受容器を破壊すると、

 

痛みに対する反応に変化が起こらなかったという実験から、

 

気圧の変化を感じるセンサーが内耳(耳の奥の器官)に

 

存在する可能性が高いことが分かりました。


                              院長をwww

 

明後日は楽しいブログになる予定だよ。

 

 

 



天気痛 奈良
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nara.areablog.jp/blog/1000088290/p11029608c.html
カイロプラクティック | コメント( 2 )

今日は朝から頭痛と肩こりで辛いです。
今さっきロキソニンとリーゼを飲みました。
天気と痛みの関係、面白いですね。
交換神経の興奮、抑えるにはどうしたらいいでしょうか?
面白いのでまた読ませてください!

富山[ じゅりー ] 2014/04/16 13:08:26 [ 削除 ] [ 通報 ]

じゅりーさん
コメント頂きましてありがとうございます。
朝から症状が出ると1日ブルーですよね。

誰も私には真面目なブログは期待していないのだと思っていたのでうれしいです(笑)

交感神経の興奮を抑えるにはどうしたらいいのか?
単純にいうと副交感神経の活動を高めていくということになりますかね〜
しかし元々組織に問題がある人については気圧の突発的な変化に対してはすぐには対応できないですかね。

ロキソニンを飲んで痛みが治まるならそれは神経学的にどうゆうことなのか?
じゅりーさんの頭痛と肩こりが何によるものなのか
筋肉の循環や関節可動性の問題をとることが出来れば解決するのか考えないと駄目ですね。

すいません 答えになってないですね。

拙い日本語と乱文ですがこれからもお読み頂ければ幸いです。 

[ 奈良のカイロ院長「山縣」です。 ] 2014/04/17 9:49:21 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
熊野古道とコストコ道
もうすぐ初老の巻
院長の恐怖体験!
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
奈良のカイロ院長「山縣」です。イメージ
奈良のカイロ院長「山縣」です。
プロフィール
奈良県の大和西大寺で開業している山縣カイロプラクティック院長のここだけのはなしです。 主に健康や何かの為になるような事を書けたらなと思います。 院のお知らせやたわいもない話など楽しんで貰える様に頑張りますので応援お願いしま
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 34 285147
コメント 0 239
お気に入り 0 5

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<